PC版 HOME

人工透析

人工透析について

旅行透析について

随時受け付けしております。ご希望される方は当院医療相談員 木下まで御連絡ください。

送迎について

当院では透析患者様に無料の送迎サービスを行っております。
高齢患者様や車いす生活で通院困難な患者様にも対応できるよう、車いす対応リフト付車両2台を用意しています。その他にも普通乗用車もございます。
なお、曜日により送迎ルートが決まっていますので、送迎ご希望の方は、お気軽に当院相談員までお問い合わせ下さい。

水質管理について

透析治療の際に使用される透析液は、高度に清浄化された透析液ほど透析患者様の長期合併症(貧血、透析アミロイド症、動脈硬化、栄養障害など)のリスクを低減すると言われております。
そこで当院では透析液の清浄化に取り組んでおります。
清浄度は日本透析医学会で定められている基準値(エンドトキシン活性値:0.001 EU/mL未満 生菌数:100 CFU/mL未満の目標)を達成し、エンドトキシン活性値・生菌数ともに検出感度以下を実現しております。
さらに透析液を作成する前段階の精製水から透析液までの水質を管理し、よりいっそうきれいな透析液の安定供給と、透析治療の安全に努めております。透析液の清浄化内容については以下のとおりです。(2018年1月1日現在)

エンドトキシン活性値0.001EU/mL未満
生菌数0CFU/mL

診療時間

 
AM
PM   

院内の様子

血液透析と腹膜透析を行うと共に、腎障害をきたす糖尿病、高血圧、慢性腎炎を中心とした内科治療を行っています。
私どもでは患者様が腎不全となられ今後透析が必要となったとき、透析の種類(血液透析や在宅で治療する腹膜透析)の選択方法や腎移植について十分に説明させて頂き、患者様が納得される医療を提供しています。

  • 透析室

    各ベットにテレビが
    付いています。

  • ロッカールーム

    鍵付きのロッカーを
    お使い頂けます。

オンラインHDF導入しました

オンラインHDFとは
オンラインHDFの最大の特長は、一回に行うことのできる置換液量が多いことです。( 置換液量が多いほど、透析の効果が高いといわれています。)
当院では上記の通り厳格な透析液管理を行っており、透析液の清浄化、機材の設置はもとより、操作方法を熟知した透析スタッフが患者様を担当いたします。
オンラインHDF増台しました。
今後もより質の高い医療の提供が行えるよう努めてまいります。

map

Google MAP で見る

求人専用サイト

TOPへ